FC2ブログ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開花情報 H28.4.20

園内は
新緑や八重桜、キリシマツツジ等で色彩豊かになりました。

エヒメアヤメも咲き始めました。

また、
セイヨウバクチノキの花や、ハンカチノキの総苞片も例年より早く開き始めています。

ホームページに
開花状況が掲載されていますので、そちらも参考にしてください。

(開花状況URL http://ryokka-c.jp/kaika/jouhou.html)




★ さ く ら 情 報

関山・御衣黄・鬱金

関山(写真1左)

八重桜の代表種でカンザンまたはセキヤマと読みます。

江戸時代後期から記録があり、
明治時代に荒川堤から全国に広がりました。

オオシマザクラを母体とする大輪紅色の八重咲きで、
寒さや病害虫に強いためよく植えられています。

開きかけの蕾をさくら茶に利用します。

場所:管理事務所周辺


御衣黄(写真1右上)

ギョイコウと読み、
八重咲きで花弁が淡い黄緑色を帯びる珍しい品種で、江戸中期から名前の記録があります。

よく似た品種に
鬱金(ウコン)(写真1右下)がありますが、
御衣黄と鬱金は遺伝子にほとんど違いがなく、鬱金の花弁にも御衣黄の様に緑色を帯びることがあります。

どちらも
花の終わり頃に花弁が淡紅色に、中心が紅色になります。

場所:さくら通り,多目的広場(御衣黄),作業舎裏,第3駐車場(鬱金)


紅時雨・紅普賢他サクラ品種

紅時雨(写真2左)

紅色八重咲きの品種で、
樹形が天の川(サクラ品種)のと同じく盃状になります。

場所:第5駐車場


紅普賢(写真2右上)

室町時代から記録がある、
八重咲きで2本の雌しべが葉化して長く突き出す「普賢象(フゲンゾウ)」の
花弁の色が濃い品種で、ベニフゲンまたはコウフゲンと読みます。

葉化した雌しべを歯、
八重の花弁を鼻とし、普賢菩薩が乗る白象に見立てて名付けられました。

普賢堂とも呼ばれます。

場所:第5駐車場他


松月(写真2右下)

明治時代に
荒川堤から広まった八重咲き品種で、
花弁は白色に近く、外側が淡紅色を帯びます。

普賢象の様に雌しべが葉化しますが、
若芽が緑色で花よりやや遅れることで見分けられます。

場所:作業舎裏上,集いの広場


兼六園菊桜

兼六園菊桜(写真3左)

孝明天皇より下賜されたと伝えられる原木は
石川県の兼六園に原木があり、
1928年に国の天然記念物に指定されましたが、
1970年に枯死しています。

枯れる前に、
京都の桜守の佐野藤衛門氏らによって後継樹が増殖され、
兼六園をはじめ、現在では全国各地で見られます。

花弁が300枚以上あるため、菊桜の名がついています。

展葉と同時かやや遅れて開花します。

場所:県木の森横


★園内さくら状況まとめ

見頃
関山(写真1左),御衣黄(写真1右上),鬱金(写真1右下),紅時雨(写真2左),
紅普賢(写真2右上),松月(写真2右下),兼六園菊桜(写真3左),佐野菊桜(写真3右)
,紅華,花笠 他


★園内開花状況まとめ(サクラ以外)

咲き始め
ハンカチノキ,セイヨウバクチノキ,キリシマツツジ,ヒラドツツジ,
フジ,ヤマフジ,ジャコウフジ,ケヤキ,ズミ、ナガバモミジイチゴ,ユズリハ 他


見頃
エヒメアヤメ,シナヒイラギ,ミツバアケビ,ムベ,ハナカイドウ,
キシツツジ,セイヨウシャクナゲ,カリン,リキュウバイ,ナワシログミ 他
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 緑化センター 広島県緑化センター 開花情報 サクラ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。