FC2ブログ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開花情報H27.2.24

先日、二十四節気の雨水(うすい)を迎えました。

雨水とは、空から降る雪が雨に変わり、
農耕の準備を始める目安とされています。

真冬に比べて日も長くなり植物も目覚め始めましたが、
朝晩はまだ冷え込みますので油断はできません。

秋に園内でたくさん見られた
クロガネモチやタラヨウなどの赤い実は、ほとんどが野鳥の餌になりました。


★開花情報

アテツマンサク
アテツマンサク(阿哲満作)マンサク科マンサク属(写真1)

大正時代に当時の岡山県阿哲地方(現在の新見市)の
黒髪山で牧野富太郎博士により発見、命名されたマンサクの変種で、
中四国地方の山地に自生します。

基本種マンサクは
花の香りが生臭く、萼は赤くなります。

また葉裏の星状毛が、
成葉になると裏面脈沿いや脈腋のみに残ります。

対してアテツマンサクの花は
香りが良く、蕚は黄色になりますが、
個体差があり、蕚の色は中間的なものもあります。

葉の星状毛は成葉になっても両面に残り、
特に葉脈に密生するので見分けがつきます。

林間広場上にはマンサクがありますが、
こちらはまだ開花していません。

場所:管理事務所横園路沿い


ウメ
ウメ(梅)バラ科サクラ属(写真2)

日本で古くからなじみの深いウメは
万葉集にも数多く詠われています。

原産は中国大陸で、
果樹や庭木等に用いられます。

多くの栽培品種があり、
果実を食用に用いる「実梅」と花を観賞する「花梅」に分けられ、
形態により、白花が多く小枝が刺になりやすい「野梅系」の他、
花実が大きい「豊後系」、紅梅に多い「緋梅系」等に分けられます。

場所:苗畑、見本園他

この他、シロモジ等、
早春に開花するクスノキ科の樹木も蕾を膨らませています(写真3)。クスノキ科つぼみ
シロモジやカナクギノキは蕾が多く、開花が楽しみです。


その他の開花情報等

開 花…ヤブツバキ、サザンカ、カンツバキ、十月桜他

  
(低温のため道路が凍結する日があります。冬用タイヤをお忘れなく。)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: お知らせ
ジャンル: ニュース

タグ: 緑化センター 広島県緑化センター 開花情報

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。