FC2ブログ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開花情報H26.4.10

 染井吉野は散り始めましたが、まだ十分楽しめます。他の品種も見ごろを迎えています。これから八重の関山や緑色の花を咲かせる御衣黄が加わり、4月末頃まで楽しめます。サクラ以外もたくさんの花が園内を彩っています。ツバキ園では様々な品種のツバキがいろいろな花をつけています。

★開花情報

コバノミツバツツジ
コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅) ツツジ科ツツジ属(写真1)
 
枝先に3枚の葉を輪生することからミツバツツジの名がついており、地域によってさまざまなミツバツツジが分布します。コバノミツバツツジは、西日本の二次林や林縁など明るい場所に生育する落葉低木で、高さ1.5~4mになります。展葉前に紫色の花を咲かせます。染井吉野と同時期に開花し、園内を彩ります。 
場所: 園路沿い他

★サクラ情報
※野生種をカタカナ、栽培品種を漢字で記しています。

染井吉野他
染井吉野(写真1左) 
 日本で一番植栽が多いサクラで、エドヒガンとオオシマザクラの種間雑種と考えられています。沖縄、北海道を除く全国で桜前線の標準木になっています。
場所:見本園入り口周辺、各所

思川(写真1右)
 栃木県小山市の修道院に植えられていた十月桜の実生から育成されました。名前は近くを流れる河川名「思川」にちなみます。花弁は約10枚で、淡紅紫色で直径約3cmです。
場所:西ゲート下

八重紅枝垂他
八重紅枝垂(写真2左)
 エドヒガンの栽培品種で、八重咲き枝垂れ型のサクラです。展葉前に開花し、花が紅色を帯びているため、八重紅枝垂と呼ばれます。
場所:レストハウス前、車庫裏

八重紅大島(寒緋桜)(写真2右)
 オオシマザクラの花が重弁化し、色が淡紅色になる品種です。場所:第5駐車場への園路沿い

サクラの開花状況
開花中…染井吉野、八重紅彼岸、越の彼岸、陽光、思川、カンヒザクラ、ヤマザクラ、オオヤマザクラ、十月桜、冬桜、河津桜、修善寺寒桜、寒桜、大寒桜、小彼岸、八重紅彼岸、寒咲大島、赤実大島、八重紅大島、紅枝垂、八重紅枝垂、思川、紅豊


その他見頃情報
木本開花…ハナモモ、ミツマタ、ジンチョウゲ、トサミズキ、ヒュウガミズキ、キブシ、ハクモクレン、コブシ、アブラチャン、ダンコウバイ、クロモジ、シロモジ、アセビ、シキミ、ツバキ各種、ウメ、ベニスモモ、ユキヤナギ 他
草本開花…レンテンローズ(ハルサキクリスマスローズ)、オキナグサ、スミレ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: お知らせ
ジャンル: ニュース

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。