FC2ブログ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開花情報 H25.5.24

 ハンカチノキは見ごろを終え、初夏の花が咲き始めています。シイノキの黄色い花序や新芽もよく目立ちます。

ヤマボウシ
ヤマボウシ(山法師)ミズキ科ヤマボウシ属(写真1)
 北海道を除く日本各地のほか、朝鮮半島、中国、台湾に分布する落葉高木です。白く開いているのは総苞片で、中央の球形の花序に淡黄緑色小さな花が20~30個密集してつきます。この白い総苞を僧の頭巾に見立てて名付けられました。総苞片の色が淡紅色のものや、ふちだけが紅色を帯びるものもあります。よく似たハナミズキは、展葉前に開花し、総苞片の先端が凹みますが、ヤマボウシの総苞片は展葉後に開き、先端が尖ります。果実は球形で秋に赤く熟し、甘みがあり食べられます。レストハウス前、見本園などで見られます。

ユリノキ
ユリノキ(百合の木)モクレン科ユリノキ属(写真2)
 現在ユリノキ属は、北アメリカ原産のユリノキと中国大陸原産のシナユリノキの2種のみが隔離分布していますが、10種以上の化石が発見されており、地質時代(地球誕生から数千年前まで)には多数生育していたと考えられます。日本でも鳥取県でユリノキの葉の化石が発見されています。落葉高木で、自生地では高さ60m、直径3mにも及びます。25年程度で伸長は止まりますが、肥大成長は続きます。花は直径5~6cmで基部にオレンジ色の斑紋があります。ユリノキ、別名チューリップツリーは、花の姿から名付けられました。葉の形も特徴的で、ハンテンボク(半纏木)、グンバイボク(軍配木)、ヤッコダコノキとも呼ばれ、秋には黄葉します。日本では公園樹や街路樹として利用されます。苗畑、見本園、出合の広場などで咲き始めました。

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ(銀竜草)イチヤクソウ科※ギンリョウソウ属(写真3)
 別名ユウレイタケと呼ばれ、出合いの広場下で発芽しました。山地のやや湿った落ち葉の上に生える腐生植物で、葉緑体を持たず全体が白色を帯びています。下向きの花と、うろこ状の葉に包まれた姿を竜に見立て名付けられました。高さ8~15cmで、雄しべは黄色、雌しべは紫色で、茎が倒れるとつぶれて種子が出ます。似た仲間に淡黄色のシャクジョウソウや、秋に生えるアキノギンリョウソウがあります。(※シャクジョウソウ科、ツツジ科とする分類体系もあります。)


 その他開花情報は下記のとおりです。
  見頃…エゴノキ(写真4)、コガクウツギ、ガマズミ、キリ、コデマリ、
     ナンジャモンジャ、トチノキ、ジャケツイバラ、カラコギカエデ、ベニシタンなど
  咲き始め…サツキ、ニセアカシア、エニシダ、カルミア、バイカウツギ、コツクバネウツギ、カンボクなど
  開花している草本…マツバウンラン、シランなど

エゴノキ

※5月の休園日はありません。
 6月2日は山の日イベントを行います。レストハウス前がメイン会場になり、記念植樹や森の手入れ、広島県庁合唱団やフルート演奏、フリーマーケット、ノルディック・ウォークなどの催しを用意しております。たくさんのご来園お待ちしております。

関連記事
スポンサーサイト

タグ: 広島県緑化センター 緑化センター 開花情報

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。