FC2ブログ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開花情報 H25.3.28

 昨日は雨が降ったため染井吉野の開花は進みませんでしたが、週末~週明けには見頃を迎えるでしょう。
 4月1日(月)からは「さくら祭り」が始まり、月曜も開園します。4月14日(日)は「さくら祭りイベント」を行い、サクラ餅販売、手品ショー、宝探しなど楽しいイベントを用意しています。ぜひお越しください。

大寒桜
大寒桜(サトザクラ)バラ科サクラ属(写真1)
 カンヒザクラとオオシマザクラの種間雑種と考えられる栽培品種で、関東を中心に公園などに植えられています。埼玉県川口市の安行というところから広められたので、安行寒桜とも呼ばれます。樹高およそ10mになり、染井吉野を思わせる大きく広がった樹形になります。緑化センターでは第5駐車場の周りに近年植栽されたものが花をつけ始めました。
 この他、サクラの開花状況は以下のとおりです。
  見頃…修善寺寒桜、十月桜、冬桜、小彼岸、河津桜、寒桜、カンヒザクラ
  咲き始め…染井吉野、寒咲大島、紅枝垂、八重紅彼岸、陽光
  蕾色づく…思川、八重紅枝垂、

ミツマタ
ミツマタ(三又・三椏)ジンチョウゲ科ミツマタ属(写真2)
 ヒマラヤ地方原産で、わが国では樹皮を和紙や紙幣の原料に使用するため栽培されている落葉低木です。展葉前に白い毛が密生する頭状花序をつけます。花弁は無く、黄色く開いているのは蕚です。アカバナミツマタと呼ばれる花の赤い園芸品種もあります。管理事務所前で見ごろを迎えました。

ヒガンマムシグサ
ヒガンマムシグサ(彼岸蝮草)サトイモ科テンナンショウ属(写真3) 
 マムシグサの類似種の中では開花が一番早く、名前のとおり彼岸頃から咲き始めます。マムシグサは先端の仏炎苞が葉より後に開きますが、ヒガンマムシグサは葉より先に開きます。茎の模様がマムシを想像させることから名付けられました。見本園や薬草園横などで見ることができます。

 その他開花情報は下記のとおりです。
 見頃…チョウセンレンギョウ(写真4)、コブシ、アンズ、キブシ、シキミ、シダレヤナギ、ウメ、アセビ、ツバキ、トサミズキ、ヒサカキ、クロモジ、シロモジ、カツラなど
 開花(木本)…サザンカ、ネコヤナギ、ハナノキ、ユキヤナギ、アブラチャン、コリヤナギなど
 咲き始め…ハクモクレン、ヒイラギナンテン、ベニスモモ
 蕾が膨らんでいるもの…カナクギノキ、ベニスモモ、シロライラック、イロハモミジ、ハウチワカエデ、ジンチョウゲなど
チョウセンレンギョウ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: お知らせ
ジャンル: ニュース

タグ: 広島県緑化センター 開花情報 ジュウガツザクラ サクラ 緑化センター

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。