FC2ブログ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開花情報25.3.20

 ウグイスがさえずり始めました。センター池のカメも冬眠から目覚め、甲羅干しをしています。ハナノキやカツラなど珍しい花も咲き始めました。

ハナノキ
ハナノキ(花の木)カエデ科カエデ属(写真1)
 秋の紅葉が美しいことでよく知られていますが、展葉前に木全体が紅く染まったように見える春の花も引けを取りません。別名ハナカエデとも呼ばれる所以です。開花期間は短く、開花後2~3日で散り始めます。愛知、長野、岐阜にまたがる木曽川流域に局所的に自生します。国の天然記念物に指定されている自生地もあり、愛知県では県木に指定されています。県木の森入口で見ることができます。

アオモジ
アオモジ(青文字)クスノキ科ハマビワ属(写真2)
 春先はクスノキ科の黄色い花が目立ちます。アオモジは九州の西海岸沿いから奄美諸島までの二次林に多く見られる落葉小高木です。緑化センターの木は植栽されたもので、広島ではなかなかお目にかかれません。展葉と同時か少し早く開花し、上向きの花序に花弁状の総苞片が目立ちます。雄株の花は切り花に使用されます。材はレモンに似た芳香があり、爪楊枝にされます。別名コショウノキ、ショウガノキとも呼ばれます。管理事務所横の園路沿いで咲いています。

ダンコウバイ
ダンコウバイ(壇香梅)クスノキ科クロモジ属(写真3)
 前述のアオモジと同じクスノキ科の落葉低木で、暖地の山野に自生します。前号記載のアブラチャンによく似ていますが、類似種の中では花序が一番大きく、別名のウコンバナは黄色い花が咲くことによります。葉は広卵形または広円形で3裂するものが多く、アブラチャンの細長い葉と見分けることができます。管理事務所上の三叉路で見ごろを迎えました。

 その他開花情報は下記のとおりです。
見頃…ヒュウガミズキ(写真4)、キブシ、アブラチャン、十月桜、冬桜、シダレヤナギ、ウメ、アセビ、アケボノアセビ、ヤブツバキ、ツバキ品種各種、トサミズキ
開花(木本)…マンサク、アテツマンサク、ネコヤナギ、コリヤナギ、シキミ、ヒサカキ、チョウセンレンギョウ、ミツマタ、アメリカハナノキ、サザンカ
咲き始め…ユキヤナギ、カツラ、河津桜、小彼岸(サクラ)、コブシ
間もなく開花…カンヒザクラ、アンズ
蕾が膨らんでいるもの…修善寺寒桜、クロモジ、シロモジ、カナクギノキ、サンシュユ、ヒイラギナンテン、シロライラック、タムシバ、モクレンなど
開花(草本)…クリスマスローズ、ヒメスミレなど

ヒュウガミズキ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: お知らせ
ジャンル: ニュース

タグ: 緑化センター 広島県緑化センター ジュウガツザクラ 開花情報

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。